元プロが解説!ホームセキュリティでガードマン到着までの所要時間

 

ホームセキュリティーを導入した場合、いざという時に駆け付けてくれるガードマンは、一体どれくらいの時間で到着してくれるのでしょうか?

 

セコムやアルソックなどの警備会社とホームセキュリティの契約をすると、あなたの家に「泥棒が侵入した」「火災が発生した」などといった緊急時には、実際にガードマンが駆け付けてくれることになります。

 

基本的には、ガードマンが待機している拠点から、あなたの自宅までの距離でおおよその駆け付け所要時間がわかります。

 

単純に言えば、あなたの自宅と、契約したセコムアルソックなどの最寄りの拠点から車やバイクなどで駆け付け、到着するまでの時間は法定速度と距離で割り出せることになります。

 

法律で定める明確な駆け付け時間はありませんが、行政指導などにより契約先まで25分以内に到着できる体制を取るようにという指標として、25分以内というものがあります。

ホームセキュリティーの見積には、必ず待機拠点の住所を記載しなければならないため、少なくとも25分以上かかる距離には無いはずです。

※一部例外的に、山間部の過疎地域や北海道などの広大な市区町村をのぞきます。

 

上記のことを鑑みれば、警備会社が緊急警報を受信してから、25分以内には駆け付けてくれることになります。

 

待機拠点の住所が、あなたの自宅に近ければ近いほど、ガードマンが到着するまでの時間が短く、レスポンスが良いことになります。

 

しかしながら、他の契約先への対応や巡回業務などもあり、ガードマンが常に待機拠点にいるとは限らないため、その都度駆け付けるまでの時間が違うのが事実です。

そこで、セコムアルソックといった大手の警備会社は他社と比べ跳びぬけた数の契約先を抱えており、待機拠点の数も群を抜いています。

 

つまり、一人のガードマンがあなたの自宅と別の契約先に駆け付けていたとしても、隣接する一番最寄りの別拠点から応援で他のガードマンが駆け付けてくれる体制が整っているというわけです。

 

そして、警備会社最大手であるセコムアルソックは、必ず25分以内に駆け付けるという事にかなり比重をおいているため、拠点数はその他の警備会社と比較しても群を抜いていて平均的な駆け付け所要時間も15分程度です。

 

人口が密集している都市圏においては、会社独自の駆け付け目標を定め、さらに迅速に到着できるようしのぎをけづっています。

 

地域限定の警備会社においても、25分以内に到着できるようにとの運用目標はあるのですが、人件費が24時間かかってしまうため、大手2社のセコムやアルソックと比べると、そこまで厳密にガードマンを配置することが難しい現状を抱えていると言えるでしょう。

日本全国に対応できるホームセキュリティは、アルソックセコムだけです。

 

※ホームセキュリティ業界最大手のセコムの詳細が知りたい方は無料で資料が貰えます↓

 

セコムの資料請求

 

 

※業界トップ2社のセコムとALSOK、他大手3社の資料が無料でもらえます↓

 

セコム・ALSOKの資料請求