【機械警備の仕組み】※防犯センサー設置のホームセキュリティの詳細

 

ご家庭に警報機器(センサー類)を設置して、緊急時に通報を受けた警備会社からガードマンが家庭に駆け付けてくれる、そんなホームセキュリティとはどういう仕組みで出来ているのでしょうか?

 

この章ではホームセキュリティを機械警備で行う場合の仕組みを詳しくご説明させて頂きます。

ホームセキュリティ業界最大手のセコムの詳細が知りたい方は無料で資料がもらえます↓ セコムの資料請求

 

機械警備によるホームセキュリティの仕組み

 

まず、警備会社と契約して行う機械警備によるホームセキュリティの場合、泥棒や空き巣の侵入を感知するためのセンサー類を自宅に設置しなければいけません。

 

予算やご自宅の間取りなどに合わせて警備会社の営業担当が訪問して、警備診断のうえ、設置機器の選定を行い、契約が成立すればあなたのご自宅に合わせて侵入検知用のセンサー類を設置する工事を行います。

 

警備会社の訪問⇒ 警備診断⇒ 見積案提出までは、全く費用は掛かりません。無料でセキュリティプランと費用を知ることが出来ます。

 

基本的には、扉や窓の開閉を検知するマグネットセンサーや、室内で人間が動くと感知する熱センサー(パッシブセンサー)などが主流となります。

 

そして、警備センサーをONにすることで、留守になった自宅に不審者が侵入した際には、自動で警備会社に通報が行くというわけです。

 

通報を感知した警備会社の指令センターから、最寄りに待機しているガードマンへ直行指示を出しますので、おおむね10分から25分以内(あくまで目安です)に駆け付けてくれるのが、警備会社のホームセキュリティというわけです。

 

 

ホームセキュリティの契約には、電話回線かインターネットなどの通信手段が必要

 

 

警備会社のホームセキュリティを導入する場合は、電話回線かインターネットなどの通信回線が必要となります。

 

これは、ご家庭に設置したセンサー類が反応した時に、自動で警備会社に緊急警報として信号を送信するためです。

 

ホームセンターで売っているローカルの防犯機器との違いでもあります。

警備会社との契約で行うホームセキュリティは、緊急警報に対して訓練をうけたガードマンが駆けつけてくれます。

 

必要に応じて110番通報も行い、被害の拡大防止につとめるわけです。
火災センサーを設置する場合は、初期消火と119番通報も行います。

 

あなたのご自宅と警備会社を結びつけるためには、通信手段が必要不可欠で、電話回線かインターネットの環境が必須となるわけです。
※会社などの法人契約では警備会社が所有する回線を使用するケースもありますが、毎月5千円程度のベット費用を支払います。

 

 

ホームセキュリティには、電話回線orインターネット回線、どちらが良いか

 

では、あなたのご家庭に導入するホームセキュリティには、電話回線とインターネット回線を使うのはどちらが良いでしょうか。

 

今多いのはやはり、インターネット回線を利用した機械警備によるホームセキュリティでしょう。
電話回線では信号のやりとりに都度通話料が発生しますが、インターネット回線なら月々支払っているネット回線利用料の他に通信費がかかることはありません。

警備のON/OFFでも信号送信が行われるため、電話回線だとその都度通話料が発生します。
電話回線でのホームセキュリティでは、電話回線が切られたりなどの断線で緊急警報を送信できなくなる事がありますので、回線が繋がっているかどうかを確認する定時送信機能が付いています。

 

しかし、警備のON/OFFを含めたその通話料だけで数千円~多い時には1万円を超えたケースもあります。

 

ネット回線の場合は断線しても、断線異常という形で警備会社に知らせが入るため、その点も安心です。

 

ただ、ネット回線の場合はプロバイダのメンテやネットの環境などで通信不能になる場合があるので、バックアップ回線を用意しているかどうかを、契約前に警備会社に確認しておくのが望ましいでしょう。
セコムアルソックの大手2社は豊富な通信手段を持っており、バックアップなども用意しているようです。

 

あと、ご家庭に電話回線しかない場合は、断線していないかのどうかを確認するための定時通信機能を長く設定するなどして、通話料金を抑える工夫も相談できます。
※定時通信機能が48時間の場合、その間の断線については48時間ごとにしか感知することが出来ません。

 

警備会社との通信回線の問題については細かく説明していくと、どうしてもわかりづらい部分が出てくるので、費用とリスクについては警備会社の担当営業に十分な説明を行ってもらうようにしてください。

 

通信にかかる費用は、月々の警備料金とは別になります。

 

 

ホームセキュリティで警備員が駆け付けるまでの時間

 

少し前述しましたが、空き巣や泥棒が侵入したという緊急警報を警備会社で覚知したばあい、どのくらいの時間で警備員が駆け付けてくれるのでしょう。

 

概ね10分~25分以内と前述いたしましたが、警備員の待機している場所や他契約先での対応中などの事情で、現場へ到着する時間はマチマチなのが実情です。

 

誤解のないように言っておきますが、5分以内に到着することもあれば、20分以上かかってしまう場合もあります。

 

待機場所というのは、警備員が緊急警報に備えて待機している場所の事で、あなたのご自宅に近いほうが早く駆け付けてくれる可能性が高まります。

 

警備会社のホームセキュリティでは、ある程度の距離で受け持ち地区が分かれているため、あなたのご自宅の近くに待機所をもつ警備会社というのも、ホームセキュリティの導入を検討するひとつのポイントになります。

 

※機械警備においては、警備業法第四十三条で盗難等の警報を受診した場合は速やかに現場へ駆けつけられるよう、適正に警備員や車両を配置しなければいけないと義務付けられています

時間的な制限は明記されていませんが、大手のセコムとアルソックは25分以内に現場へ到着できるよう、警備員の待機場所の拠点を他社は真似できないほどの圧倒的な数で設けています。

 

そして覚えておいて欲しいのが、近隣受け持ち地区からの支援体制です。

契約先はあなたのご自宅以外にも多数ありますので、当然受け持ち地区の警備員が他の契約物件へ移動している可能性もあります。

 

そんな時には近隣受け持ち地区の警備員が代わりにあなたのご自宅へ駆けつけます。

この支援体制がしっかりしている警備会社を見極めるのも、ホームセキュリティの導入を検討する時のポイントになります。

 

警備会社は見積もりを提出する際に、最寄りの待機場所を明記する義務がありますので、待機場所から、あなたのご自宅への距離や、支援体制なども詳しく教えてもらうようにしてください。

 

全国に2千ヶ所以上の待機拠点を持つのは、セコムアルソックだけで、支援体制も全国レベルで考えればこの2社だけですが、地方限定の警備会社もあるので、待機場所や支援体制は必ず確認しておくようにしておきましょう。

 

日本全国に対応できるホームセキュリティは、アルソックとセコムだけです。

 

 

ホームセキュリティ業界最大手のセコムの詳細が知りたい方は無料で資料がもらえます↓

 

 

セコムの資料請求

 

 

業界トップ2社のセコムとALSOK、他大手3社の資料が無料でもらえます↓

 

 

セコム・ALSOKの資料請求