今回はクリスチャン・ディオール(Christian Dior)のお話ですわーい(嬉しい顔)

今回は フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用します。

引用~
1905年、クリスチャン・ディオールはフランスは北西部に位置するノルマンディー、Mancheのグランヴィルで実業家の家庭に生まれた。1920年から1925年12月までフランスのパリ政治学院に学ぶ。彼の両親の願望に応じて外交官になる望みがあったが、ディオールは芸術に強い興味を持っていた。

1928年に彼が小さなアートギャラリーを親からの出資で持ち、パブロ・ピカソやマックス・ジャコブなどの絵を置いた。だが、家庭の財政的な問題により2年でギャラリーを閉鎖する事になる。1930年代に、ディオールはオートクチュールハウスのためにスケッチデザインをやることによって、生計を立てた。1938年に、彼はロバート・ピゲと仕事をして、後にリュシアン・ルロンのファッションハウスのデザイナーとして仕事に加わった。そこで、ディオールとピエール・バルマンは主要なデザイナ-であった。

—–
EXTENDED BODY:
1945年、ディオールは彼自身で事業を始めた。ディオールのファッションハウスは1946年12月マルセル・ブサック(綿のファブリック王)の援助もありパリ、アベニュー、モンテーニュ30番地に設立され、翌1947年2月には最初のファッションショーを開催。

戦後のファッションの指針を示したディオールは47年から57年までの11年間、パリのオートクチュール界の頂点に君臨する。彼は毎シーズン、ラインというテーマに沿って作品を発表した。

略歴 [編集]
1946年12月にマルセル・ブサック(綿のファブリック王)の援助もあり、クリスチャン・ディオール・オートクチュールのメゾンが設立される。
1947年 – 「S/Sコレクション」でパリにデビュー。「8ライン←別名:コロール(花冠)・ライン」(ペチコートで膨らませた曲線を強調したゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、くるぶしまであるロングスカートというスタイル)最初のコレクションを発表する。
1948年 – 香水部門の会社「パルファン・クリスチャン・ディオール」を設立。アメリカでライセンス生産を開始。ファションでは「ジグザグ・ライン」を発表
1950年 – 「パーティカル・ライン」発表。
1951年 – 「オーバル・ライン」発表。
1952年 – 「シニュアス・ライン」発表。
1953年 – 「チューリップ・ライン」発表。
1954年 – 「Hライン」発表。
1955年 – 「Aライン」、「Yライン」発表。
1956年 – 「アロー・ライン」発表。
クリスチャン・ディオールの魅力溢れる作品は発徹底的に贅沢かつ華やかなコレクションで、当時「ニュールック」と名づけられファッション業界に衝撃を与えた。だが1957年、52歳の若さで心臓麻痺で死去。

企業としてのクリスチャン・ディオール [編集]
1957年- ディオール死去後、イヴ・サンローランが21歳の若さでディオール社の主任デザイナーに抜擢される。「トラベラーズ(台形)ライン」を発表
1960年 – イヴ・サンローランが徴兵により兵役に就いた為、主任デザイナーにマルク・ボアンが就任。
1961年 – 「スリムルック」発表。
1967年 – 「サファリルック」発表。
1968年 – パルファン・クリスチャン・ディオールがモエ・へネシー社(現・LVMH)に買収される。
1970年 – 「マキシルック」発表。
1978年 – 親会社のマルセル・ブサック・グループが倒産するが、流通大手のウィロ兄弟によって救済され、アガッシュ=ウィログループに入る。
1984年 – ベルナール・アルノーが、フランスの投資銀行「ラザール・フレール」と組んでマルセル・ブサック・グループを買収する。
1989年 – 主任デザイナーにジャンフランコ・フェレが就任。
1990年 – ベルナール・アルノーが買収によって「LVMH」の社長に就任する
1996年 – ジャンフランコ・フェレとの契約期間満了後、ベルナール・アルノーが当時LVMHグループの「ジバンシー」のデザイナーだったジョン・ガリアーノを指名、主任デザイナーに就任。
1999年-ハイジュエリー部門のデザイナーにヴィクトワール・ド・カステラーヌが就任。
2001年 – 「ディオール・オム」の主任デザイナーにエディ・スリマンが就任。
2003年12月7日 – 日本の東京都表参道にクリスチャン・ディオール表参道店をオープンする。
2007年 – 2007-2008 AW Collectionを最後に「ディオール・オム」のエディ・スリマンが辞任。後任にスリマンの元アシスタント、クリス・ヴァン・アッシュが就任。

現在のデザイナー [編集]
クリスチャン・ディオール (Christian Dior)
ジョン・ガリアーノ (John Galliano)
ディオール・オム (Dior homme)
クリス・ヴァン・アッシュ (Kris Van Assche)2008シーズン~
引用終わり

 

現代のデザイナーたちにも未だに影響を与え続けているディオールに一度は触れて見ませんか?