今回は人気のCOACH(コーチ)のお話です。

 

コーチは、ニューヨークマンハッタンのロフトで1941年に、マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻らの職人6人で皮革小物工房として誕生しました。

 

彼等は、使い込むほどに良くなじみ、味のでる野球のグラブにヒントをもらい、苦労の末、60年代初期に皮の美しさ、丈夫さを、より柔らかくより強くした、最初のハンドバッグを完成させました。

 

科学薬品を使用していない天然皮革は、耐久性、機能性に優れていて、さらに製品の一つひとつが、なんと手作業で作られているんですよ。

 

その後、バッグを始めとしてファッション分野へ進出!

 

1962年には、有名な、映画「王様と私」の衣装デザイナー、ボニー・カシンを迎え入れました。

 

その後、買い物袋から発案したカジュアルバッグ「カシン・キャリー」を発表。

 

さらに、「バゲット・バッグ」「ダッフル・サック」等、数々のヒット作品を生み出してます。

 

現在のバッグにも使用されているクリップ式金具や「ドッグリーシュ」の金具も彼女の発案なんですよ。

 

美しさと機能性を絶妙なバランスで両立しているCOACHの製品は、世代を超えて長年愛され続けています。

 

ブランドに興味のない方でも、シグネチャーの「C」模様は目にした覚えがきっとあるんじゃないでしょうか?

 

高級感溢れるバッグから、使い勝手抜群の小物まで、幅広くご用意されているので、是非一度COACH(コーチ)を覗いて下さい。