今回オススメするブランドは、『フェイラー(FEILER)』。

 

初代社長エルンスト・フェイラー氏は、ドイツ・ババリヤ地方の伝統工芸織物に創意工夫を重ね、約60年前にシュニール織を完成させました。

 

「シュニール」とは、フランス語で「(蚕などの)いも虫」という意味で、そのプクプクとした質感が、シュニール織の特徴として使われるモールヤーン(モール糸)の感触に似ていることから、シュニール織と呼ばれるようになったといわれています。

 

シュニール織の糸は、綿100%。綿の品質は気候に左右されるため、FEILER社ではあえて綿の原産地を限定せず、世界中から、その年最も天候に恵まれた原産地の綿を厳選しています。

 

また、FEILER社ならでの発色の美しさは、ヨーロッパの豊かな水の恵みによってもたらされたものです。

 

私もフェイラーのタオルの大ファンなのですが、一度使うと本当にやみつきになるほどの肌触りなんです。
まだお持ちでない方は、ぜひ一度お試しになられてはいかがですか。