1936年、アルジェリア、オランで生まれたイブ・サン ローランはなんと、17歳で国際羊毛事務局(IWS)のデザインコンクールでカクテルドレスが最優秀賞を受賞しました。

その翌年には、「ヴォーグ」誌の編集長ド・ブリュノフの推薦により、ディオールのメゾンに迎えられ、1957年、ディオールの急死を受け、なんとなんとわずか21歳でディオールの後継者に任命されました。

 

初のコレクションである1958春には、「トラベーズ(台形)・ライン」を発表。「ヴォーグ」に大絶賛されたそうです。

しかし、その後発表したひざ丈のホッブルスカートや、「ビート・ルック」と称されたストリート感覚のスタイルはディオールのエレガンスにそぐわないとして、不評をかいました。

 

感覚が一般の客よりも先に進んでいたせいともいわれてます。

その後、アルジェリア戦争に召集され、ディオールは代理の主任デザイナーに当時34歳だったマルク・ポワンを起用。
イヴがパリに戻ったときにはディオールのデザイナーには、マルク・ポワンが採用され、彼は事実上解雇されちゃいました。

 

そして1961年、イヴはPRマンだったピエール・ベルジュと組み独立して、メゾン「イブ・サンローラン」を開設!

バレンシアガを意識したニューモードは好評を呼び、パリ左岸にプレタポルテの「イブ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ」の1号店をオープン。

1963年、サン・ローランは、近代ポスターのパイオニアであるカサンドラ(A.M. Cassandre)に自らのロゴのデザインを依頼しYとS、Lを組み合わせた華麗なロゴが誕生しました。

 

そう、「カサンドラ・ライン」ですね。

「モンドリアン・ルック」はサン・ローランの名を一層高めました。

ココ・シャネルに「サンローランこそ私の後継者」と言わしめ、60年代後半にはそれ以外にも、大腿部までのロングブーツやサファリ・ルック、シースルー・ドレス、ポップアート・ドレス、ミリタリー・ルック、パンタロン・スーツなどを次々と発表、

どれもファッション界に衝撃を与え、70年代にはコサック・ルックやフォークロア調の服が知られ、その頃からオートクチュールにも磨きがかかり、その巧みな色彩感覚とともに「モード界の帝王」と称されました。

 

1998年、フランスワールドカップを記念してブランドの歴史を振り返るような壮大なコレクションを開催されたのを覚えてらっしゃる方もおおいのではないでしょうか。

 

 

※2013年春夏コレクションより、新たにデザインディレクターに就任したエディ・スリマンのもとYves Saint Laurent(イヴサンローラン)からブランド名を、サンローラン(Saint Laurent)変更。