話題の療法食ドッグフード「犬心」の評判を聞いてきました

 

今話題となっている、純国産で無添加の療法食ドッグフード「犬心」ですが、評判は本当のクチコミにより注目されているようです。

 

私のまわりにペットショップ関係の人間や、ブリーダーの女性がいるので直接話を聞いてみました。

 

【犬心 糖&脂コントロール】

 

 

■ネットで「犬心」を知り、生の評判を聞きたくなった

 

私自身もラブラドールレトリーバーを飼っているのですが、散歩は朝の5分程度で安月給なのでドッグフードは近所のコーナンで一番安いものを与えていました。
そのせいか、高脂血症気味でクッシング病を患っています。

甲状腺機能低下や糖尿病など、さらには急性膵炎になって死んでしまうリスクもあると聞き、最初から食事に気を配ってあげなかったことを反省する毎日でした。

基本的に私に出来ることは食事に気を使ってあげることだと思い、ネットで色々調べていたときに知ったのが【犬心 糖&脂コントロール】 という病気療養のための療法食ドッグフードでした。

犬のクッシング病には「高血糖・高脂血」が関係していて、併発しやすい「糖尿病」「膵炎」「脂質代謝異常症」「甲状腺機能低下症」なども同じ要因なのだそうです。
犬心というドッグフードはこれら全てに対応するため「高血糖・高脂血のトラブル」に有効な天然成分で作られているとのことでした。

しかも、純国産で無添加、免疫力のアップまで出来るというのですから、すぐにでも「犬心」を購入しようと思いました。

しかし、色々見ていると「犬心」の評判は良いようですが、良い事ばかり書いてあるので、犬心の本当の評判が気になり、ペットショップ関係の先輩や友人を招集して相談してみることにしたのです。

 

 

■初めて知った本当の「犬心の評判」

 

無添加の犬用療法食で純国産のドッグフードといえば、聞こえはいいのですが、犬心の評判に裏は無いのでしょうか?
ここまでロクなケアもせずに愛犬を病気にしてしまった私ですが、今度は失敗するわけにはいきません。

愛犬のクッシング症候群に打ち勝つためにも、「犬心」の悪い部分をしっかり把握して、素人の知らない裏が無いかどうか確かめなければいけません。
なんて思いながら先輩たちと待ち合わせした、昔よく一緒に皆でたむろしていた喫茶店に集合してもらいました。

懐かしいエビフライやハムカツ定食を囲みながら昔話で盛り上がってしまいましたが、私から愛犬のクッシング症候群について相談してみました。
ブリーダーの友人に、私の犬の飼い方について説教されましたが、なんと友人もペットショップで働く先輩も「犬心」について知っていたのです。

 

「そりゃ、その状態だったら間違いなく犬心が一番良いよ」
「食い付きもいいし、症状が和らいで、併発のリスクが減るから、あなたも一緒に食べるとダイエットにもなるわよ(笑)」

 

なんて、冗談も交えて教えてくれました。
「犬心 糖&脂コントロール」は、低糖・低脂肪だけでなく、病気に犬に必要不可欠な栄養素、臨床栄養というらしいですが、しっかり含まれているとのこと。

なにより私が安心したのは、完全無添加で余計な添加物一切無しの、犬にとって安全な病気療養食だというところ。
人間も食べられる自然の力というコンセプトがあるみたいです。

先輩が私に「あなたも一緒に食べれば・・・」って言ったのは、あながち冗談でもないというところです。
ペットショップ関係やペット関係の仕事をしている先輩や友人の間でも、犬心の評判は口コミで広がる一方だそうです。

私は友人に「犬心」を売ってもらおうと思ったのですが、ペットショップを含めて、今のところ取り扱いは無いそうです。
犬心はその、完全無添加で臨床栄養配合という品質の高さから、今のところネット通販されている公式販売ショップでしか購入できないみたいでした。

ペットショップ関係の先輩によると、量産が難しく全国に大量に流通していないからこそ、顧客の把握もしやすいし、ユーザーの声も汲み取り安いのではないかという事です。
「犬心の評判」を実際の生の声で聞けた私は、安心して犬心を注文してみようと思います。

 

■犬心の原材料
生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

⇒ 犬心ドッグフードの7大疾患を防ぐ効果と口コミ