高脂血症犬の食事療法は無添加の糖&脂コントロールの犬心

 

愛犬も人間と同じで、運動不足や高脂肪のドッグフード食べすぎが原因で高脂血症になることがあります。

可愛がっている愛犬の高脂血症には、しっかりとした食事療法を行う必要があり、「高血糖・高脂血」トラブルに対応した質の良いドッグフードが必要になります。

犬の高脂血症の原因は上記に挙げたように、運動不足と安価で質の良くない高脂肪ドッグフードが大半で、近年高脂血症になるワンちゃんがかなり多くなっています。

犬の高脂血症は、糖尿病・膵炎・クッシング症候群・甲状腺機能低下症・脂質代謝異常などの疾患を併発しやすく、一刻も早い食事療法が必要です。

そんな愛犬の高脂血症用食事療法に、最適なのが完全無添加で、「高血糖・高脂血のトラブル・病気」に対応した「犬心 糖&脂コントロール」とういうドッグフードです。


公式ページで犬心のわかりやすい解説を見る
 

愛犬の高脂血症 食事療法で気をつけなければいけないポイントとは

 

動物病院に行くと高脂血症にかかった愛犬には、症状が深刻であれば投薬を行うこともありますが、獣医さんから最初に進められるのは食事療法でしょう。

安価で高脂質・高脂肪なドッグフードや脂物などを与えすぎて高脂血症にかかった愛犬には、高血糖・高脂血のトラブルに対応した食事療法が
必要です。

「犬心」は次にあげる犬の高脂血症用食事療法に最適な療法食ドッグフードです。

 

■犬の高脂血症 食事療法に必要な条件①

・質の良い低脂肪
愛犬の高脂血症に最優先で必要になるのが良質な「低脂肪」です、それも血中のコレステロールを低下させる、オメガ3脂肪酸が最適なのです。

新鮮な魚類や一部の植物に含まれていますが、高脂血症の愛犬には、良質な低脂肪・オメガ3脂肪酸が必要になります。

「犬心」は、低脂肪はもちろんのこと、脂肪の質にも拘り、脂肪分は、良質な生肉・生魚やココナッツ等から、愛犬に必須の栄養「オメガ3/6脂肪酸」を中心に配合しています。
さらには、低温手作り製法により、脂肪の酸化を防いでいるのです。

 

■犬の高脂血症 食事療法に必要な条件②

・血糖値のコントロール
高脂血症の愛犬への食事療法は、コレステロールや中性脂肪の値が上がることでイメージ的には「低脂肪」にだけ目が向いてしまうかもしれませんが高脂血症の愛犬は、糖尿病・膵炎・クッシング症候群・甲状腺機能低下症・脂質代謝異常などの疾患の併発リスクが高くなるため、血糖値のコントロールも視野に入れなければなりません。

「犬心」は、血糖値の上昇ににつながる(消化されやすい糖質)を制限し、糖吸収をブロックする食物繊維バランスを徹底研究。
Wの要素で血糖値をコントロールをします。

 

■犬の高脂血症 食事療法に必要な条件③

・腸の健康+免疫力キープ(善玉菌を増やす・花びら茸Bグルカン)
近年では、高脂血症と腸内細菌バランスについて、医学的に密接な関係にあることが証明されています。
高脂血症の愛犬は腸内の悪玉菌が強く、腸内細菌のバランスが悪い状態といえます。

このため、腸内細菌バランスを良くし、善玉菌を増やしてあげなければいけません。
そして、腸内の善玉菌を増やすと同時に、免疫力アップをはかることも高脂血症の愛犬には必須条件となります。

「犬心」では、腸は、免疫細胞の約70%が集まる器官と理解し、十年研究した「犬の善玉菌アップ」テクノロジーにより、「腸の健康」を実現、更には、免疫成分(βグルカン)高レベルで含有したの花びら茸を配合。
腸の健康+βグルカンで免疫力をキープします。

 

■犬の高脂血症 食事療法に必要な条件④

・良質なタンパク質などの栄養バランス
高脂血症の愛犬には消化性の高い「タンパク質」をしっかり補給してあげなければなりません。
それも良質なアミノ酸バランスを考慮した消化に負担のないものを与えてあげましょう。

「犬心」では、低カロリーでも、栄養はしっかりと含み、高消化性タンパク質、そして、ビタミン・ミネラル・アミノ酸も「犬の7疾患・対応」のバランスとなっています。

高脂血症の愛犬はは、糖尿病・膵炎・クッシング症候群・甲状腺機能低下症・脂質代謝異常などを併発しやすい状態にあるといえます。

しかしながら、これらの疾患の要因は実は全て、高血糖・高脂血なのです。

「犬心 糖&脂コントロール」ドッグフードは、もともとこれら7大疾患すべてをケア出来るように開発された、臨床栄養をクリアした犬のための療法食ドッグフードです。

犬心ドッグフードの効果は本物の口コミで広がり、犬の7大疾患の予防やケアに大きく貢献し始めています。

万が一愛犬の食いつきが心配であれば、犬心の無料食いつきサービスを利用することで、簡単に確認することができます。


「犬心 糖&脂コントロール」の公式ページで詳細を確認する