療法食ドッグフード、犬心の効果は本当?

 

犬心というドッグフードの効果や口コミは本当なんでしょうか。

愛犬の健康を重視する飼い主さんや、既に高血糖・高脂血のトラブルや病気を抱えた愛犬と暮らす飼い主さんの間で、その効果が口コミで話題を呼んでいる「犬心(いぬこころ)」ですが、本当に効果があるのか?信用できるのかを調べてみました。

犬の7大トラブルと言われ、しかも併発のリスクも高い疾患が下記です。

 

・甲状腺機能低下症
・膵炎
・クッシング症候群
・高脂血症
・メタボ/肥満
・糖尿病
・脂質代謝異常

 

これら7大疾患は、それ単体の病気でも重くなると愛犬が亡くなることもある病気で、しかも、それぞれに併発リスクが高く、悪化すれば命にかかわります。

しかし、これら犬の7大トラブルの原因は全て同じ、高血糖・高脂血のトラブルからくるものだということをご存知でしょうか?

犬心ドッグフードは、これらの7大疾患全てに対応するため、高血糖・高脂血のトラブルに効果的な臨床栄養を含み、完全無添加によるナチュラル療法食のドッグフードなのです。

上記に挙げた犬の7大トラブルによる病気は、それぞれが併発リスクも高いと申し上げましたが、裏を返せば7大疾患の原因が全て、高血糖・高脂血のトラブルから来るもので、

要因が同じなため、「甲状腺機能低下症・膵炎 ・クッシング症候群・高脂血症・メタボ/肥満 ・糖尿病・脂質代謝異常」全ての対策が、犬心ドッグフードだけで効果を出すことが可能なんですね。

大和菌学研究所(マッシュルーム デザイン スタジオ)では、この犬の7大トラブルの原因である、高脂血・高血糖に対応したドッグフードを、完全な天然自然原料、それに手作り製法、あらゆる添加物の無添加にこだわったうえで、上記7大疾患の臨床栄養をクリアしています。

残念ながら今のところ、犬心(いぬこころ)の他には、こうした完全無添加で臨床栄養を備えた、療法食のドッグフードは存在しません。

動物病院などで流通している、療法食ドッグフードにも安全性や食いつきの悪さなどに問題があるのが現状です。

犬心(いぬこころ)は、調べれば調べるほど、その効果を期待できる、ナチュラル療法食のドッグフードで、今のところその存在は、国内産・外国産を含め、唯一無二の存在でした。

 

①単なる栄養の化合物ではなく、人間でも食べられる自然の力!
②300匹のわんちゃんの協力のもと、美味しさにもこだわり「食いつき」抜群!
③市販の店頭には売って無い、犬の7大疾患の療法食(完全無添加ナチュラルドッグフード)
④犬の7大疾患のケアはもちろん、高血糖・高脂血から来るトラブルの予防にも!

 

今すぐ公式ページを確認するなら→ 低糖・低脂肪ドッグフード

 

犬心(いぬこころ)を使用し、
その効果を実感した飼い主さんのリピート率は95%!

これはなかなか凄い事ですが、実際に「犬心(いぬこころ)」を利用している飼い主さんのリピート率は、なんと95%というのです。

これは、犬心(いぬこころ)ドッグフードの効果を実感できた飼い主さんが、かなり多いことが証明されています。

臨床栄養をクリアしていて無添加で、しかも手作り製法で人でも食べることが出来る犬の療法食(病気管理ドッグフード)は、犬心の他には今のところありません。

もちろん、「甲状腺機能低下症・膵炎 ・クッシング症候群・高脂血症・メタボ/肥満 ・糖尿病・脂質代謝異常」になってしまった愛犬にも、運動不足や太り気味の愛犬の病気予防に対しても。

犬心はしっかりその効果を発揮してくれることでしょう。

 

犬心の効果を本物にしてる4つのポイント

犬心に効果があると口コミで広がるには、ちゃんとした訳があります。
そこで公式ページにもある、単なる低脂肪・低糖を超えた、犬心(いぬこころ)の特徴四つをご紹介します。

 

①血糖のダブルパワーコントロール
消化されやすい糖質は愛犬の急激な血糖値上昇に繋がってしまうため、これを制限。さらに糖の吸収をブロックする食物繊維を徹底的に研究し、ダブル効果で血糖値をしっかりコントロールします。

 

②オメガ3/6による低脂肪
犬に限らず動物には必須な栄養素となるオメガ3/6脂肪酸を中心に配合し、良質な生肉・生魚やココナッツなどからできています。そしてこの脂肪を酸化させないために低温での手作り製法に拘りました。市販のドッグフードは価格を抑えるため、高温で処理するので、有効な栄養素は酸化されてしまい、愛犬の体に悪い成分になってしまうものが殆どですが、犬心(いぬこころ)はここにもこだわっています。

 

③たんぱく質等の絶妙な栄養バランス
犬だけではなく人にも言えることですが、例え低カロリーであっても栄養素がしっかり入っている事。犬心は高消化なたんぱく質・ビタミン・ミネラル・アミノ酸もしっかり、「犬の7大疾患対応」のバランスでできています。

 

⑤腸の健康を整え免疫力キープします
犬の腸内には免疫細胞が割が集まっているとされています。人も犬も同じですが、腸内環境をととのえることは犬の健康にとって欠かせません。さらに免疫をキープするため免疫成分「βグルカン」をたくさん含むハナビラダケを配合しています。これにより愛犬の体の内側からしっかり健康をサポートします。

 

【さらに犬心(いぬこころ)は、12の不使用を宣言】
「食品添加物・酸化防止剤・防腐剤・合成調味料・着色料・肉骨粉・オイルコート・香料・肉魚の高温加工・残存農薬・乾燥肉・肉副産物」
以上品目を、一切使用していません。

 

【犬心の効果の源、使用原料】
「生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖」

犬心(いぬこころ)の口コミ・評判

 

「犬心しかないと思って継続してます」 N県 Mさん
異常に気づいたのは大量の抜け毛でした。毛並みが綺麗で頬ずりするのが日課で可愛がっていましたが、お腹周りや背中の体毛が抜け落ちてしまいました。
あわてて動物病院で見てもらった結果、クッシング症候群と診断を受けました。
食欲も無くなり、いつも部屋の中を走り回っておやつをせがんでいた元気もなくなり、本当に可哀そうでした。
甲状腺機能低下症なども併発するかもしれないということで、この子の病気について色々調べていたところ、犬心ドッグフードの事を知りました。
食いつきが心配でしたが、まったく問題なく食べてくれて今では皮膚の状態もいい感じです。
むやみにおやつをあげるのは止めて、犬心だけを与えるようにしていますが、最近は元気に動き回るようになりました。
少し脱毛は残ってますが、このまま犬心を継続していけば、もう少し効果が期待できそうです。
犬心はこれからも使っていこうと思います。

「高脂血・膵炎・糖尿を併発」 Y県 Sさん
10年近くも家族とともに過ごしてきた子ですが、「高脂血・膵炎・糖尿」を併発してしまい、一時は命の危険もありました。
食欲もなく、家族全員覚悟を決めなければいけないと思い始めていたときに、犬心という療法食のドッグフードを知りました。
犬心は食いつきもよく、散歩にも出かけられるような状態にまでなってくれました。
これからも犬心は続けようと思います。

 

 

犬心は無料の食いつきチェックのサービスがあるので安心です。

コチラから公式ページを確認して下さい→ 低糖・低脂肪ドッグフード