【膵炎の愛犬】食事療法に犬心ドッグフード!※無添加療法食※ 

 

 

膵炎にかかってしまった愛犬は、消化不良高脂血、腸内バランスを崩し免疫力の低下がある状態です。
犬の膵炎に特効薬というものは存在しないため、食事療法による健康管理がとても重要になります。

 

そこで、大和菌学研究所(マッシュルーム・デザイン・スタジオ)から販売されている、「犬心 糖&脂コントロール」という、完全無添加で「高血糖・高脂血のトラブル・病気」に対応した療法食ドッグフードが効果を発揮してくれます。

 

膵炎にかかった愛犬用の食事には、低糖分低脂肪、そして消化の良いものを与えてあげなければなりませんが、栄養士の方でも毎日の食事となると作ってあげるのも大変ですし、膵炎の愛犬に誤った食事を与えては病状が悪化してしまうかもしれません。

 

そこで、膵炎をはじめ、併発しやすい糖尿病などにも考慮した、愛犬用の療法食ドッグフードが必要となってきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 犬の7病気ケア、ナチュラル食事療法食(ドッグフード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・膵炎、糖尿、クッシング、甲状腺低下、高コレステロール・中性脂肪
・「人も食べられる」こだわりのナチュラル品質+臨床4栄養
・食いつきチェックの「無料サンプル」お試しサービス

▼リピート率95%以上、詳細はコチラ▼

 ⇒ 「犬心 糖&脂コントロール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

犬の膵炎 食事療法は原因や症状を知ることから

 

 

犬の膵炎は、急性慢性のものがありますが、急性膵炎にかかった愛犬の病状は激しく、嘔吐や発熱、下痢や激しい腹痛に襲われて前足を前に出し、お腹を地面へくっつけた祈りの姿勢でかなり苦しそうにします。

 

急性膵炎は急激で激しい症状のため、ショック状態に陥ったり、最悪の場合命の危険もあるのです。

一方で慢性的な犬の膵炎下痢や吐き戻しを長期的に繰り返し食欲不振で体重が減りアバラが見えるほど痩せて来たり、糖尿病膵外分泌機能不全併発することもあります。

 

犬の膵炎の原因は、感染症や薬物なども挙げられますが、多くは安価で高脂肪のドッグフードや、飼い主さんが安易に与えてしまう、おやつ・ジャンクフードなど、食事に起因することも多いのです。

 

そして、運動不足が合わさり、肥満・メタボからくる、高脂血(高中性脂肪・高コレステロール)なども要因の一つです。

 

犬の膵炎には食事療法で対応するしかないのですが、急性膵炎で症状のきつい状態に時には、ドッグフードなどにも食いつきが悪いため、って言うか食事そのものが出来ないような状態の場合は、動物病院など輸液が出来きて、脱水や栄養失調にならないようにしながら、絶食する必要があります。

 

急性膵炎で症状がきつい場合は、膵臓の機能を早く休ませてあげながら必要な栄養素を補給しなければいけませんので、ドッグフードや軽い療法食も経口摂取出来ない状態なら輸液で症状が落ち着くまで安静にさせてあげましょう。

 

そして、症状が落ち着いて嘔吐しなくなったら、水を少しづつ与えていくようにします。
お近くに動物病院があれば、入院させて獣医さんたちに任せるのが一番安心です。

 

話が少しそれましたが、犬の膵炎について原因を知り、食事療法を行ううえで、与えてはいけない食事、逆に、膵炎になった愛犬に与えてあげなければいけない食事が理解できると思います。

 

これらの事を真摯に考慮して開発されたドッグフードが、奈良県にある大和菌学研究所(マッシュルーム・デザイン・スタジオ)から販売されている、「犬心 糖&脂コントロール」という、愛犬の膵炎に最も適した「犬心」なのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 犬の7病気ケア、ナチュラル食事療法食(ドッグフード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・膵炎、糖尿、クッシング、甲状腺低下、高コレステロール・中性脂肪
・「人も食べられる」こだわりのナチュラル品質+臨床4栄養
・食いつきチェックの「無料サンプル」お試しサービス

▼リピート率95%以上、詳細はコチラ▼

 ⇒ 「犬心 糖&脂コントロール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

犬の膵炎 食事療法にベストなドッグフード犬心の詳細

 

 

膵炎になった愛犬の食事療法としても、肥満気味で慢性膵炎になりそうな愛犬の予防食としても、「犬心 糖&脂コントロール」というドッグフードが最適だというのには、しっかりとした理由があります。

 

膵炎を含めた愛犬の、非常に関連性が高く、併発しやすい7大疾患というものがあるのはご存知でしょうか?

膵炎の他に、「糖尿病」「高脂血症」「クッシング病」「脂質代謝異常症」「甲状腺機能低下症」「肥満やメタボ」がそうです。

 

もしかしたら、あなたの愛犬はこれら別の疾患を抱えながら膵炎を発症させたのかもしれません。

そして、膵炎になった愛犬は、糖尿病やこれら別の疾患併発させる可能性が高いともいえるのです。

 

「犬心 糖&脂コントロール」は、これらの7大トラブルを未然に防いだり、この7大疾患にかかってしまったワンちゃん全てをケアするために開発された、療法食ドッグフードであり、疾患に犯された愛犬の臨床栄養もクリアしています。

 

愛犬の膵炎ケアと、他の6大疾患の併発にも対応した、自然原料で手作り、そして臨床栄養をクリアした療法食ドッグフードが「犬心」なのです。

 

 

【犬心 糖&脂コントロールの膵炎ケア 四つの秘訣】

 

☆ダブルパワーで血糖コントロール
血糖値の上昇に繋がる「消化されやすい糖質」を制限します。
さらに、糖吸収をブロックしてくれる食物繊維バランスを徹底的に研究、犬心はダブルの要素で愛犬の血糖値コントロールを実現!

 

☆質の良い良質な低脂肪
低脂肪はもちろんのこと、脂肪の「質」にも徹底して拘り抜いてます。
犬心の脂肪分は、良質な生肉・生魚やココナッツ等から、犬に必須の栄養「オメガ3/6脂肪酸」を中心に配合。
さらには、低温手作り製法により、脂肪の酸化を防いでます。

 

☆たんぱく質等の栄養バランス
犬心は低カロリーでも、栄養はしっかり!
高消化性タンパク質、そして、ビタミン・ミネラル・アミノ酸も「犬の膵炎対応」のバランスがしっかり!

 

☆愛犬の腸の健康と免疫力キープ
「犬の腸」は、免疫細胞の約70%が集まる重要な器官。
10年にわたる研究した「犬の善玉菌アップ」技術により、「愛犬の腸の健康」を実現します。
そして、免疫成分「βグルカン」高含有の花びら茸を配合し、「腸の健康+βグルカン」で愛犬の免疫力をキープします。

また、犬心は原材料にもこだわり、添加物を一切使用せずに、膵炎ケアの臨床栄養を確立しています。
膵炎ケアの食事療法に、自然のパワーで愛犬の健康をサポートしてくれます。

 

【使用原料】
生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

【犬心は12の不使用宣言をしています】
食品添加物・酸化防止剤・防腐剤・合成調味料・着色料・肉骨粉・オイルコート・香料・肉魚の高温加工・残存農薬・乾燥肉・肉副産物



 

人間も食べられるドッグフードとして、愛犬家の間でも口コミで評価されている「犬心 糖&脂コントロール」ですが、上記の不使用宣言の下で開発し、市場に出すのは至難の業だったと言います。

 

しかし、犬の膵炎を含む7大疾患全てを本気でケアすることを目的としているため、一切の妥協をすることなく完成したのが、「犬心 糖&脂コントロール」です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 犬の7病気ケア、ナチュラル食事療法食(ドッグフード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・膵炎、糖尿、クッシング、甲状腺低下、高コレステロール・中性脂肪
・「人も食べられる」こだわりのナチュラル品質+臨床4栄養
・食いつきチェックの「無料サンプル」お試しサービス

▼リピート率95%以上、詳細はコチラ▼

 ⇒ 「犬心 糖&脂コントロール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

犬の膵炎 食事療法に「犬心」を与えた人の口コミと評価

 

 

愛犬の膵炎ケアにと、食事療法に「犬心 糖&脂コントロール」を取り入れた飼い主さんたちの体験談感想を公式ページより紹介しておきます。

 

※以下は犬心公式サイトより

●今まで以上にヤンチャになった気がします。
大阪府 M様 ココちゃん ミニチュアシュナウザー メス 五才

もともと、ヤンチャで食欲旺盛な愛犬ココが、好物のササミをあげても見向きもしませんでした。
そのあとに三回も嘔吐し、お腹が痛いようなそぶりを見せたので、あわてて動物病院に連れて行きました。
結果は、急性膵炎。幸い一命をとりとめましたが、再発・慢性化リスクもあると聞ききました。
そんなとき、「犬心」と出会いました。食いつきがよく、ご機嫌で、今まで以上にやんちゃになった気がします。

 

●体重が戻り、散歩もふえています。
三重県 N様 小雪ちゃん プードル メス 七才

小雪は、慢性膵炎と炎症性腸疾患が持病を持つワンコです。
発症した後は、食欲がなく、下痢と嘔吐をくり返し、みるみる痩せていきました。大好きな散歩もままならない状態でした。
そんな折、「犬心」を試しました。
最初は、ちょっとしか食べなかったので、落ち込みましたが、少しずつ食いつきがよくなっていきました。
まだ、闘病は続いていますが、体重がもどり、散歩の回数も増えています。

 

●膵炎・糖尿・高脂血を併発しました
山梨県 Y様 ルークくん シュナウザー オス 八才

こどもと兄弟のように成長し、家族の一員として暮らしている愛犬です。
膵炎・糖尿病・高脂血を併発し、本当にショックでした。駄目かもしれないと思ったこともありました。
犬心は、食いつきが良く、便質がほどなく変わりました。
ウチのワンコに合っているなと思いましたね。
近くの川口湖に散歩にいけるようになり、家族が明るさを取り戻しています。

 

 

もちろん飼い主さんたちの個人的感想なので、犬心ドッグフードの効果を保証するものではありませんが、実際に膵炎の愛犬たちに食べさせた素直な口コミ感想なので、少しでもご参考になればと思います。

 

また、「犬心 糖&脂コントロール」の販売元、大和菌学研究所(マッシュルーム・デザイン・スタジオ)では、「犬心の食いつきチェック・無料サービス」を実施しており、膵炎の愛犬が「犬心」をちゃんと食べてくれるかどうかを無料で試すことも出来ます。

 

無料の食いつきチェックで、そうしても愛犬が食べてくれない場合は、7日以内に電話かメールでキャンセルすることが出来ます。

 

食いつきチェックで「犬心」の食いつきがOKであれば、まとめ買いも出来ますし、都合に合わせることのできる定期購入で価格を安く抑えることも可能です。
※長期旅行などの都合により、定期のお届け期間を自由に変更することも可能です。

 

※「犬心 糖&脂コントロール」送料について
初回お試しサンプルは、全国送料無料です
1)関東・信越・中部・北陸・関西・中国・四国・九州への配送は、全て無料。
2)北海道・沖縄への配送は、別途700円。
3)東北地方への配送は、別途300円。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 犬の7病気ケア、ナチュラル食事療法食(ドッグフード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・膵炎、糖尿、クッシング、甲状腺低下、高コレステロール・中性脂肪
・「人も食べられる」こだわりのナチュラル品質+臨床4栄養
・食いつきチェックの「無料サンプル」お試しサービス

▼リピート率95%以上、詳細はコチラ▼

 ⇒ 「犬心 糖&脂コントロール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

愛犬の膵炎食事療法に最適と言える「犬心」の消費期限

 

 

少し蛇足になりますが、犬心ドッグフードは完全無添加で防腐剤や加工肉など一切使用していません。
当然保存料などを使用しない分、ドッグフードの消費期限が短くなります。

 

しかし、大和菌学研究所(マッシュルーム・デザイン・スタジオ)の「犬心 糖&脂コントロール」は、まとめ買いなどの長期保存を考慮して、空気を遮断する「特殊加工のアルミ袋」を使い、安全で安心できる食品用「脱酵素シート」を同封しています。

 

酸化防止を徹底しているので、「完全無添加ドックフード」でありながら、1年という長期間の消費期限を実現しているのです。

小型犬などであれば、3ヶ月に1回の定期コースなどで申し込めば、かなりお得になるようです。

 

最後に愛犬にとっては人と同じように、食事が大きな楽しみの一つであることは間違いないでしょう。

我々人間のあいだでも、美味しいものを食べに行くのが楽しみだったり、食べ歩きなんていう旅行プランも大人気で、「食事」に対する欲求は大きなものであることは事実です。

 

たとえ膵炎などの病にかかっていて食事管理が必要になっても、「美味しい食事をする」という愛犬の楽しみを奪うのはやはり可哀そうなものです。

ナチュラルな美味しい味と、バランスの良い「膵炎ケア」が実現できるドッグフード。

愛犬の膵炎食事療法に最良の対策を」、そういう思いから開発されたナチュラル療法食が、大和菌学研究所「マッシュルーム・デザイン・スタジオ」の「犬心 糖&脂コントロール」というわけです。

 

犬の膵炎などに対応 「犬心 糖&脂コントロール」成分値
325kcal/100g、粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、粗タンパク質23~27%、可消化性炭水化物40~45%、リジン約1.9%、L-カルニチン300ppm以上、ビタミンE400IU/kg以上、ビタミンC100mg/㎏以上、セレン約0.7mg/㎏、ナトリウム約0.3%、カリウム約0.7%


こちらから【犬心 糖&脂コントロール】