糖尿病の愛犬に最適なドッグフードは犬心です

 

大切な愛犬が糖尿病になってしまったら、病院でのインシュリン注射は欠かせなくなってきますが、犬の糖尿病で大切なのは治療の他に、ワンちゃんの毎日の食事、糖質や脂質を抑えた健康食ドッグフードです。

タイトルにもありますが今話題になっているのが 犬心 という臨床栄養ドッグフードです。

 

➡ 犬心についての詳細を公式サイトで確認する

 

 

糖尿病には「糖&脂コントロール」のドッグフードが必要

糖尿病とは膵臓で作られるインスリンが不足したりうまく作用しない場合に血液中の糖が増えて尿に混じる症状のことを言います。血液中の糖濃度が高いことを高血糖といい、長く続くと白内障などの合併症を引き起こすことがあります。

膵臓でつくられるインスリンが機能せずに犬の血液中に糖が増加してオシッコに混じる症状のことで、血液中の糖質濃度が高くなり、高血糖になります。
長期間続くと膵炎や白内障など併発するケースも多くなります。
糖尿病は徐々に進行するため、愛犬の糖尿病に気づくのが遅くなってしまうのも仕方のないところでしょう。

貴方の愛犬の糖尿病に大切なことは、インスリン注射の治療と同じかそれ以上に食事になります。
そして犬の糖尿病には、糖&脂をコントロールした、臨床栄養ドッグフード が最適で、それが「犬心」という愛犬用の特別療法食なのです。

犬心は糖質や脂質をカットしただけのドッグフードでは無く、血糖値上昇につながる「消化されやすい糖質」を抑制。
そして、糖吸収をブロックする食物繊維バランスを徹底的に研究、ダブル要素で血糖値コントロールを実現している、犬の糖尿病には最適なドッグフードです。

 

➡ 犬心についての詳細を公式ページで詳しく見る

 

 

糖尿病時の愛犬に最適なドッグフード 犬心の使用原料と成分

犬心は徹底的に無添加+自然の力(パワー)を生かすことに拘って開発されていて、手作りで作られています。
そして人間が食べられるドッグフードとして、リピート率95%以上となり、口コミで広がり評判を呼んでいるのです。

▽糖尿病時のドッグフードとしてお薦めできる犬心の原料と成分です。
【使用原料】
生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖。

【成分値】
325kcal/100g、粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、粗タンパク質23~27%、可消化性炭水化物40~45%、リジン約1.9%、L-カルニチン300ppm以上、ビタミンE400IU/kg以上、ビタミンC100mg/㎏以上、セレン約0.7mg/㎏、ナトリウム約0.3%、カリウム約0.7%

 

 

糖尿病をはじめとする併発しやすい7大疾患のための「犬心」

犬心は糖尿病になってしまった愛犬に最適なドッグフードですが、実は糖尿病と併発しやすい疾患予防にもなります。

 

▽犬心ドッグフードでケアする、7大トラブル・病気
・糖尿病
・クッシング症候群
・膵炎
・甲状腺機能低下
・高脂血症
・メタボリック(肥満)
・糖質代謝異常症

 

▽犬心ドッグフード 7大疾患をケアする4つの特徴
・ダブルのパワーで血糖をコントロール
先に述べましたが、血糖値上昇に直結する【消化されやすい糖質】を制限し、さらに、糖吸収をブロックする食物繊維バランスを徹底的に追及、ダブル要素で血糖値コントロールを実現。

 

・低脂肪 オメガ3/6脂肪酸
低脂肪そして、脂肪の「質」にもこだわってます、脂肪分は良質な生肉・生魚やココナッツ等から、愛犬に必須の栄養「オメガ3/6脂肪酸」を中心に配合。そして、低温手作り製法により、脂肪の酸化を防いでます。

 

・タンパク質等の栄養バランスドッグフード
低カロリーでありながら、栄養分はしっかり。
高消化性たんぱく質、そして、ビタミン・ミネラル・アミノ酸も「7疾患・対応」の絶妙バランス。

 

・腸の健康で免疫力をキープ
犬の腸は、免疫細胞の約7割が集中するる器官。
10年をついやす、研究「犬の善玉菌アップ」技術により、「腸の健康」を実現します。
そして、免疫成分「βグルカン」高含有の花びら茸を配合しており、「腸の健康+βグルカン」で免疫力をキープ。

 

愛犬の糖尿病に「犬心」を選択する必要性

上記に記載してきた通り、犬心というドッグフードは、糖&脂コントロールだけでなく、免疫力をキープさせたり、大切な栄養素も含まれた上で、完全無添加で人間が食しても全く問題ありません。

糖尿病にかかってしまった愛犬に必要な要素がしっかり詰まっていて、併発しやすい他の疾患を予防してくれます。

早期に発見しにくいく、かかってしまった糖尿病を悔やむより、愛犬の病気にしっかり対応して、末永く長生きしてもらうことが大切だと思います。

是非公式ページをご覧になり、愛犬の糖尿病食について確認してみてください。


➡ 犬心の公式ページ