なんだか愛犬の元気がない。

 

疲れているように見える。

 

そんな症状がみられるときは、甲状線機能が低下しているかもしれません。甲状腺は、人間でいうところの、のどのあたりにもあります。

 

甲状腺は主に体の代謝機能を司り、甲状腺ホルモンを分泌し、全身機能の維持をしている器官。大切な甲状腺の機能が低下することで、甲状腺機能低下症の症状が現れます。

 

放置しておくと、大切な愛犬の日常生活に支障をきたす可能性も否定できません。愛犬の健康を守るためには、飼い主さんの観察とケアが必要です。

 

そこで、犬の甲状腺機能低下症の症状と治療についてまとめました。

 

 

犬の甲状腺機能低下症の概要

 

犬の甲状腺機能低下症は、犬の老化として見落とされてしまうことが少なくありません。

 

また、中型犬や大型犬に多くみられ、ゴールデン・レトリーバーやドーベルマン、柴犬にプードルなどの犬種での報告が多々あります。

 

発症の原因としては、特発性甲状腺萎縮リンパ球性甲状腺炎が引き金となると言われていますが、遺伝的な要因は現在不明です。

 

一般的には後天的な病気であり、早期発見と早期治療が重要であると心がけましょう。

 

 

犬の甲状腺機能低下症の具体的な症状

 

犬の甲状腺機能低下症は、どのような症状が現れるのでしょうか。

 

老化と間違えられやすいと言われていますが、具体的には皮膚症状や体重の増加症状をメインとして、以下の症状が見受けられます。

 

一見、老化症状にも思われがちな軽度なものから、生命維持に関わるものまで様々な症状がありますので、経過を注意深くみてあげましょう。

 

・薄毛、抜け毛
・皮膚の乾燥、フケがでる
・皮膚が厚くて硬くなる
・皮膚が黒ずむ
・皮膚がたるみ、表情が落ち込んだように見える
・てんかんのような発作を起こす
・心拍、血圧の低下
・寒さに敏感になる
・発情しなくなる

 

これらの症状が複数当てはまる場合、甲状腺機能低下症が疑われます。

 

獣医師のもとで、血液検査で甲状腺機能低下症の診断ができますので、早めの受診をおすすめします。

 

他に、犬の甲状腺機能低下症においては、注意しておきたい点があります。

 

それは、クッシング症候群という病気です。

 

 

>クッシング症候群を併発しているケース

 

クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンの過剰分泌により起こる、副腎皮質機能亢進症のことです。

 

甲状腺機能低下症にみられるのは、皮膚症状の異常や、運動機能の低下、膀胱炎等の感染症にかかりやすいなどの症状が現れます。

 

甲状腺機能低下症と併発しているときは、クッシング症候群の治療を優先的に行い、甲状腺機能低下症の治療をすすめます。

 

クッシング症候群自体の治療は、一般的には投薬によって行われます。しかし、発症原因が副腎皮質の腫瘍などの場合、外科的手術も有効的です。

 

いずれにせよ、クッシング症候群の発症原因の解明が鍵を握ります。素人判断せず、専門の獣医師の指示に従い、治療をしていきましょう。

 

※クッシング症候群の詳細⇒【クッシング症候群の愛犬に】 ※治療や食事療法について

 

 

犬の甲状腺機能低下症の治療、予防

 

犬の甲状腺機能低下症の予防法は、現在はっきりしていません。ですので、飼い主さんの日々の観察と、早期診断、早期治療が大切です。

 

甲状腺機機能低下症を単独で患っている場合、投薬治療が有効です。不足している甲状腺ホルモンを、人工ホルモン製剤で補います。

 

投薬開始から、4週間程度で改善が期待できますが、投薬を飼い主さんの独断でやめることは厳禁。

 

基本的に、生涯にわたっての投薬治療が必要だと思ってください。甲状腺機能低下症は、放置しておくと、稀に重篤な症状を引き起こします。

 

意識障害や昏睡状態に陥るケースも報告されています。しかし、早期発見早期治療で、これらのリスクは低くなります。

 

犬の甲状腺機能低下症について、少しでも予備知識として覚えておけば、小さな変化を見逃しにくくなると思います。

 

愛犬の健康は、飼い主さんの優しさで支えられています。

 

普段と様子が異なるときや、気になる症状が長期間持続するときは、早めにかかりつけの獣医に相談してください。

 

 

犬の甲状腺機能低下症の食事療法について

 

甲状腺機能低下症になった愛犬には、治療の他に、非常に重要なものがあります。それは、毎日の食事管理で、今まで通りのエサやドッグフードでは、まず駄目だという事です。

 

甲状腺機能低下症の愛犬は、甲状腺の機能不全トラブル、「基礎代謝のダウン・タンパク質の生成ブロック・高脂血・免疫力の異常」などの栄養代謝異常を抱えているため、そのことを配慮した食事療法を行う必要があります。

 

 

>犬の甲状腺機能低下症の食事療法で気を付けるべきポイント

 

・質が良くて低脂肪なもの ・消化の良い良質なたんぱく質 ・低カロリーで低糖質 ・免疫力を維持できる

 

病気になった犬の健康状態に、必須の栄養素を「臨床栄養」と言いますが、甲状腺機能低下症の犬に必要な「臨床栄養素」を考慮したうえで、手作りするのはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

 

材料選びや調理方法、栄養管理の知識、加熱などでの食材成分の変性を把握し、毎日手作りするとなると、飼い主さんの負担は相当なものになるはずです。

 

そこで、「臨床栄養」を全て備え、食事管理がやりやすい療法食ドッグフードを与えてあげることで、飼主さんの負担を減らし、愛犬が元気に生活できるよう手助けができます。

 

下記に療法食の詳細がありますので、是非一度確認してみて下さい。

 

⇒ 【犬の甲状腺機能低下症】※ドッグフードで最適なのが「犬心」

 

犬心の口コミ⇒ 【犬心ドッグフードの口コミ】@実際の評判を聞いてきた