犬のクッシング症候群、診断や治療・食事療法について

 

 

犬のクッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンの分泌過剰によって起こる症状のことを指す病名になりますが、目に見えてわかるようになる頃にはかなり病気がすすんでいると言えます。

 

副腎という臓器は犬の生命維持にとっても大切な役割を果たしているため、放っておくと症状が進み他の疾患を併発して死に至る怖い病気です。

 

クッシング症候群は別名、副腎皮質機能亢進症とも呼ばれ、獣医や専門の動物病院などでは、副腎皮質機能亢進症という名称でHPに詳しく掲載されている所も多いです。

 

 

クッシング症候群になった犬の症状

クッシング症候群になった犬の症状としては、大量に水を飲んだり、餌をバカ食いするなどして頻繁にオシッコをするようになります。

 

お腹が膨らんで来たり、大量の抜け毛があるのもクッシング症候群にかかった犬の症状の一つであり、時には神経障害が起こるケースも見られます。

 

ドッグフードや与えたエサなど、大量に食事をする割には体重が増えず、痩せてくるのも特徴と言えます。

 

 

クッシング症候群の診断

 

 

クッシング症候群という疾患は副腎皮質ホルモンの異常分泌があるので、糖尿病・高血圧・膵炎・感染症・血栓症などの併発や合併症のリスクも高い病気で、
クッシング症候群の診断には、特殊な血液検査や尿検査(尿内に含まれるコルチゾールクレアチニン比)、X線検査などが必要ですが、それで確定できるわけではなく、犬の症状などと組み合わせて総合的に判断するため、検査費用も高額になります。

 

※今はペット保険などもあるので、いざという時にはたよりになります。

 

クッシング症候群になった犬への治療の目的は、症状を緩和すること、併発疾患のリスクを少なくすることです。

 

治療の選択の幅はクッシング症候群の原因によって異なってきます。

 

 

クッシング症候群の治療

 

 

まず、下垂体の腫瘍が影響している場合は手術、放射線療法、内科治療が考えられます。
手術は、腫瘍化した下垂体を切り取る手術で全快して完治することが望めます。
しかし、全快できる可能性がありますが、リスクもあり困難を伴います。

放射線療法は、腫瘍化した下垂体に放射線を照射して腫瘍を減少させる治療です。
内科療法は、コルチゾールを作れなくする薬を用います。
完治はしませんが、症状緩和させることが可能です。薬剤においてはトリロスタン、op’-DDDなどが考えられます。

ホルモンに影響を及ぼす薬ってことなので、注意を払って使用します。薬が効き過ぎると、コルチゾールが減少する病気(副腎皮質機能低下症)を生じさせてしまいます。また、下垂体が腫大している時には、内科治療を行ってしまうと下垂体を更に腫大させる危険性もあります。

 

 

副腎の腫瘍が元凶の場合転移が無く、手術が可能場合には、副腎の腫瘍を除去するオペが推奨されるでしょう。内科治療といった選択肢も存在しますが、症状を軽減できないケースもあります。

 

医原性クッシング症候群のケースでは元凶となっている薬を減らしていくことになります。
ですが、急速に薬を減らしてしまうと、副腎皮質機能低下症を引き起こす可能性があるため、ゆっくりと薬を減らしていきます。

 

 

クッシング症候群になった犬の食事

 

 

今まで説明してきたように、愛犬がクッシング症候群という病気にかかった場合、診断や治療にはそれなりに高額な費用がかかることになります。

 

ペット保険に入っている方なら大丈夫かもしれませんが、一般家庭における家計のやりくりでは、全ての選択肢を迷わず選べるかと聞かれれば、難しいかもしれません。

 

しかしながら、クッシング症候群の犬には、高脂血・高血糖をケアするドッグフードの食事を与えてあげることで、症状の緩和や寿命を延ばすことが可能です。

 

また、治療を受けられた愛犬であったとしても食事療法をプラスしてあげることで、クッシング病の改善を後押ししてあげられるという事です。

 

クッシング症候群の犬には、低脂肪良質で適量のタンパク質、それに免疫力をキープするための腸内環境を配慮したドッグフードがいいでしょう。

 

また、それに加えて高血糖になりがちなクッシング病のために、血糖値の上昇を抑える食物繊維などもプラスしてあげましょう。

 

市販のドッグフードの多くは添加物が多く含まれていたり保存料も添加されていて、病気の愛犬に対して与える食事としては好ましくないものが多いです。

 

無添加で上記に掲げた条件をクリアしている、なるべくナチュラルな素材原料で、高脂血・高血糖をケアできるドッグフードを選びましょう。

 

⇒ 【クッシング症候群】※愛犬の食事療法は犬心ドッグフードが最適