プロペシアの知らないとリスキーなAGA治療役の副作用

 

 

プロペシアの効果と副作用 最低見逃してはならない三つの事

分からないでは済まされないプロペシアの効果と副作用。

このページでは、プロペシアについて効果や副作用など、摂取前に絶対に見逃してはならない内容についてご説明しています。

ホントに大事な事を伝えるために、気にすべきポイントを三つに的を絞っています。

僕は以前個人輸入代行ウェブサイトを通してプロペシアを購入して使用していました。
ところが、重要な事を分かっていなかったために、もうちょっとの所で大惨事になるところだったのです。

僕みたいな人をちょっとでも少なくするために、体験談をもとにお伝えすることにします。

 

①:プロペシアの効果が現れるまでの継続期間と効果がある人の割合
皆さんはプロペシアを摂取した場合、プロペシアの効き目が見られるまでにどのくらいの期間が必要かご存知ですか?

同様に、プロペシアの効果がある人の割合を知っていますか?

摂食して2~3ヵ月もすれば毛髪が伸びてくると考えていませんか?
それは半ば正解で、半ば勘違いです。

 

実を言うと、プロペシアの摂取後に数ヶ月で目覚しい変化が見られる人もいます。
しかしながら、それは一部分の人に限られた話で、大多数の人はジワジワと薄毛が改善していきます。

 

プロペシアを摂取後、6ヵ月以内に目に見えて薄毛が改善される人は四人に一人、つまり2割ちょっとです。
四人に一人、つまり約五割の人は6ヵ月経過時点に、薄毛の改善がもたらされることはありますが、まだ充分な水準にはなっていません。

この二人は引き続いてプロペシアを摂取すれば、徐々に改善していき一年も経過すれば薄毛はほとんど解消されるようになります。

その他の残りの一人は、どこまでいっても抜毛は緩和されません。

わかりやすく言うと四人に一人、2割ちょっとの他の人にはプロペシアは、どうしても作用しません。

皆さんが、プロペシアを飲めば数か月で魔法のように薄毛が回復すると期待されているのなら、プロペシアの摂取はやめたほうがいいでしょう。

尚、効果と副作用の出易さは関係ありません。

プロペシアを摂食して、大いに効果があり、それと、全く副作用がでない方もいれば、思っている以上に効果の得られないのに、副作用だけは明確に出るという方もいます。

ついでに申しますと、僕は効果をそれ相応に感じつつも、副作用が現れました。

次は、その副作用についてお話します。

 

 

②:プロペシアの副作用はどんな人でも想定される危険性
プロペシアには、いくつかの副作用が報告されています。
腹痛や頭痛、下痢や眠気といった医薬品にお馴染みの副作用は当然の事、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用もあるのです。

 

その中でも考慮しなければいけないのは、性機能障害=男性機能のダウンです。
プロペシアの副作用として最も多く見られるのが、この男性機能のダウンなんですよ。
男性機能のダウンというとはっきり分からないかもしれませんが、包み隠さずに言うとED(インポテンツ)です。

 

恥ずかしながら、僕もEDになったというわけです。

その頃、結婚二年目に入ったばっかだったのですが、ある時、突然勃起しなくなりました。
その時はたまたま身体の具合が悪かったのかなと考えたのですが、あくる日も、そのあくる日も一緒でした。

 

奥さんは、気に掛けること無いよと言ってくれたんですが、そのような訳にもいかないのです。

プロペシアの副作用と気が付いていなかったため、マカやガラナから始まり、最終的にドラッグストアで販売しているマムシドリンクにまで手をつけてしまったものです。

結果は全敗です……。
今日振り返っても虚しくなってきます。

結婚二年目になり、赤ん坊が欲しいと喋っていた矢先の事だったから、より一層落胆してしまいした。

 

プロペシアの副作用だと気が付いたのは、ちょっとしたきっかけででした。
EDに関して、インターネット上でチェックしていたところ、プロペシアの副作用として男性機能のダウンがあるというウェブサイトを見つけて、ようやくプロペシアを心配しました。

 

試しにプロペシアの摂取を中断してみたところ、その土曜日曜には何ごともなかったかのように、返り咲きを遂げました。
この際には、ホントに安堵しました。

 

それ以降、プロペシアの副作用につきまして調査したところ、プロペシアの服用を放棄しても男性機能のダウンが解消できないという実例もたくさん報告されていることを認識しました。

 

僕は幸運なことに全快しましたが、もし全快しなかったかと考えてみるとおっかなすぎます。 よもや自分自身がプロペシアを摂食して、副作用が現れるとは全く思ってもいませんでした。

 

僕はこれまで自分自身は薬の副作用に強いと信じ込んでいました。
カゼ薬を飲むと副作用で眠気に襲われるという他の人がいますが、僕はそんなことも今まで在りませんでした。

 

こういった様に副作用はどんな人でも起こる恐れがあると思います。
皆さんがプロペシアを摂取するなら、男性機能のダウンに加えて、何らかしらの変調が見受けられたら、プロペシアの副作用の確率が考慮してみましょう。

 

 

③:女性の方にとってプロペシアは超リスキー
プロペシアの副作用を調査している途中で認識したもう1つの実例はプロペシアは懐妊を希望する女性にとっては接触することも危険なドラッグだということでした。

 

あらゆる医薬品には胎児危険度分類というガイドラインがあり、危険な順番に「X」「A」「B」「C」「D」と細分化されています。

プロペシアの主成分(有効成分)は「フィナステリド」といった米メルク社が考案した抗アンドロゲン薬です。

このフィナステリドは危険階段の最上位、カテゴリーXに類別されています。

このカテゴリーXの内容はは、「動物・人間による研究で明らかに胎児奇形が生まれる、かつ/または使用・市販による副作用の明らかなエビデンスがあり、いかなる場合でもその潜在的なリスクは、その薬物の妊婦に対する利用に伴う、潜在的な利益よりも大きい」と指摘されています。

 

つまり、妊婦にとって「厳禁」な薬ものなのです。

僕はこの事実を知りませんでした。

僕はAGA医療機関などのクリニックではなく、インターネットの個人輸入代行販売ページでプロペシアを調達していたので、それを知るチャンスがなかったのです。

 

ここにきてこそ個人輸入代行ウェブサイトによっては、警鐘を鳴らしているWEBページも存在しますが、その当時は何にも明記がありませんでした。

その結果、奥さんがプロペシアを接触しないような気配りもしておりませんでした。

一般的な市販薬と一緒のようなイメージでいたので、奥さんにプロペシアを取ってもらう場合すらあったのです。

当然、妻がプロペシアを服用することはあり得ませんが、触れるだけでもハイリスクなのです。

プロペシアは表皮に付着したケースでも身体の中に取り込まれます。
そういう理由で、取り扱いには最大限の用心が必要ということなんです。

副作用が影響しているED等といった一大事があったため、幸運にも奥さんが身ごもる前にこの事を知ったのです。

万が一にも副作用がなければ、プロペシアに関して深々と確かめることもなく、奥さんは妊娠していたと思います。

言ってみれば、大惨事が発生する一歩前の段階といった所でした。
現在想い返しても、生きた気持ちがしないです。

 

ひょっとして、皆さんに配偶者がいるのなら、プロペシアの取り扱いにはお気を付けください。

懐妊は妊娠検査薬を利用してようやく気が付く傾向にあるため、初期段階は配偶者本人にも懐妊した自覚がありません。

 

そういった時にプロペシアへの警戒が疎かになって、配偶者が錠剤の欠片等に触れてしまうというのがないと絶対断言できますか?
それを避けるためには、妊娠の有るか無いかに関わらず、常日頃から最大限気に掛けておくことが必要です。

 

僕はプロペシアを断ち切りました。
そしてその後に、僕はプロペシアの摂取を終了させました。

プロペシアの効果をそれなりに感じていたのだけど、やっぱり副作用が生じるので継続していくことはできませんでした。

改めて女性にとってハイリスクということで、取り扱いが困難なのも困りものでした。

プロペシアの効果が現れていただけに、中止するのは不安だったのは間違いありません。
ミノキシジルタブレットという選択も存在しましたが、もう医薬品はこりごりだったのです。

 

近頃では一般の育毛剤を使っています。
一般の育毛剤の効果はいまひとつ期待を抱いていなかったのですが、安全・安心を第一に重要視しました。

 

そう簡単には思惑通りの育毛剤が発見できなかったのですが、とうとう7本目にしてようやく満足できる育毛剤を見出しました。
「ペルソナ」という育毛剤です。

副作用もなく、心配することなく使っています。

 

 

⇒ 遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤【Persona(ペルソナ)】

 

どうしてもプロペシアを使用したいなら絶対に覚えておかなければいけないこと

 

皆さんがプロペシアを使用したいと思うなら、遵守してもらいたいことが一つだけあります。
本当に、「プロペシアは医療機関で手に入れましょう」ということなのです。

僕は以前に、個人輸入代行販売ページでプロペシアを購入していたんです。

しかしながら、現在では個人輸入代行販売ページは利用していません。
個人輸入代行でプロペシアを購入する事には、でかい問題が三つあることが理解したためです。
その問題点を解説してきます。

 

①:プロペシアについて重要な情報が与えられない
本当なら、プロペシアはお医者さんによる処方箋が求められる薬です。
どうして処方箋が大切かというと、摂取に関して留意しなければいけない点がたくさんあるためです。

 

実際に、もしも僕が個人輸入代行販売ページではなしに、医療機関でプロペシアを購入していれば、ハナから前述のような状況にはなっていなかったと考えます。

前述にあげた気にすべきポイント以外にも細いなポイントはあると考えられます。

一般人がインターネット上で確認するのには限度があります。

率直にお医者さんや薬剤師から必要不可欠な情報を手に入れましょう。

 

②:個人輸入した薬は助けてもらえない
外国から個人輸入した薬の摂取は全部自己責任ということなんです。
これに関しては個人輸入代行販売ページを使ったケースでも一緒です。

個人敵に輸入した薬を摂取して、どんな副作用が出てきても誰一人として支援してくれません。

 

1つが、「医薬品副作用被害救済制度」と言います。
このことは国が定めた制度で、医薬品を摂食して副作用が生じたケースでの救済制度です。

具体的に言うと、副作用の治療費に対して給付金が出たり、副作用で後遺症が残っている場合に障害年金が出たりしているわけです。

だけど、個人輸入した薬は、医薬品副作用被害救済制度の適応外となります。

たとえ、プロペシアの副作用で後遺症が残されてしまったとしても、国家は何にも援助してはくれないのです。

 

③:個人輸入代行ウェブサイトは非合法
プロペシアの副作用について検証するうちに認識したのですが、「個人輸入代行ウェブサイトは非合法」です。
こちらの現実は始めのうちは信じることができませんでした。
ラベルも日本語で、さながら当たり前の通販サイトのようなイメージで、気軽に医薬品を購入してしまいます。

こいつが、まさか非合法だったとは……。

厚生労働省のホームページに下記のように明確に記載されています。

出典:医薬品等の個人輸入に関するQ&A(厚生労働省)

 

質問:個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。

 

応え:最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。

しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。

こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

 

 

正確に言えば、プロペシアは国内では認められているので非合法ではないのかも知れません。
しかしながら、こういったウェブサイトは国内では許可されていないフィンペシアやミノキシジルタブレットも売られています。

これに関しては疑念の余地なく非合法な行為だということです。

ここのところの知識を持っているたら、僕は個人輸入代行販売ページからプロペシアを購入する事は間違いなく有りませんでした。
皆さんはいかがですか?

 

プロペシアの副作用が起こってしまった僕のケースでは、個人輸入代行販売ページでプロペシアを買い入れたせいで、男性機能のダウンという副作用が生じてしまった僕ですが、それ以降、AGA医療機関の無料カウンセリングをうけました。

 

アドバイザーの方にここに至るまでの経緯を明かしたところ、自分の事のように聞いていただけました。
強引にAGA医療機関での受診を案内してくることはなく、どうするべきかは僕のメンタリティに敬意を払ってくれました。

持って帰ってあれこれ考案した結果、やはりプロペシアの副作用が一度でも出ているので、僕はAGA医療機関ではなく、一般の育毛剤を使うことにしてみました。

けれど、AGA医療機関で無料カウンセリングを受けたのは徒労じゃありませんでした。

アドバイザーの人と話をして、自分の思いに踏ん切りがつきました。

やっぱり、ちょっとでも薄毛に苦悩しているのであれば無料カウンセリングはやって貰うべきです。

0円カウンセリングを受けた結果、ひょっとして、皆さんもAGA医療機関ではなく、これ以外の方法で薄毛対策をとるというチョイスをすることも考えられます。
例えば、皆さんが育毛剤を利用するという決断をするようであれば、参考までに僕が使用中の育毛剤を紹介しておきますね。

 

僕はプロペシアをストップした後、8本もの育毛剤を渡り歩いた結果、最近使用している育毛剤にめぐりあいました。
いまや、プロペシアや今まで利用してきた育毛剤とは比較にならないほど納得しています。

 

 

7本目にしてやっと見い出した希望通りの育毛剤 ペルソナ

 

⇒ 遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤【Persona(ペルソナ)】

プロペシアと同様で遺伝子検査やDNA診断がありますが、個人個人の遺伝子DNAをチェックしてセミオーダーの育毛剤を届けてくれます。

安全ですし、自分の遺伝子診断をもとに育毛剤を配合してくれるので、効果もかなり期待できます。

 

使用感はベリーグッド!

使ってみて最初に感じたのは、今までに使用してきたどの育毛剤よりも頭部の肌に力を発揮している実感がある、ということなんです。

頭部の肌にペルソナをつけてしばらくたつと、頭皮がじわーっと温もりがあります。
今までに感じたことのない感覚です。

 

ジンワリとした体感は、いわば頭部の肌の内側から頭髪が外の方に向かって飛び出そうと考えているようにも思います。
現実的には、塗り込んですぐに毛髪が生えることが考えられないのは認識していますが、しかしながら生えて来ているみたいな気にさせて貰うことができます。

 

僕はこの感じがクセになりました。

僕は副作用もなく一安心して使用しています。
僕からすればどうしても必要な一本になったのです。

 

僕が特に悔やんでいるのは、ただリーズナブルからと言って、安易に個人輸入代行販売ページでプロペシアを購入していたことです。

プロペシアの副作用が出現した後から分かったのですが、毛髪治療専門クリニック(AGA医療機関)だと「無料カウンセリング」というようなものがとり行われています。

AGA医療機関は高価だという固定観念を抱えていたので、僕はスタートから頭にありませんでした。
タダで話を聞くことができるのですから、個人輸入代行販売ページを選択する前にでも行っておけば良かったと、めちゃくちゃ後悔したわけです。

 

僕は、このWEBページを見ている皆さんに、僕と同様のミスをしてほしくないです。
ということで、僅かでも薄毛が気にかかっていて、プロペシアに興味を引かれたのであれば、AGA医療機関の無料カウンセリングを行なってもらうことを心からお薦めいたします。

 

僕自身はもうAGAよりも、育毛剤ペルソナに首ったけなので、安全で効果の見込めるペルソナの方をお勧めいたしますが。

 

⇒ 遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤【Persona(ペルソナ)】