薄毛やハゲの悩みは改善出来る!意外に知らない育毛対策

 

単純にハゲは治るか治らないか、と聞かれれば治りますと答える専門家が多いのです。
ハゲは遺伝すると良く言いますが、厳密のは母方の親やおじいさんなどに薄毛やハゲの方がいれば、そのDNAは遺伝している可能性が高いことが研究の結果としてでているようです。

しかし、遺伝のせいにして全てを否定するのも、また科学的ではないですね。
ハゲや薄毛の原因は、主に毛根にあるレセプターがDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンと酵素が合体した物質と結合することにより、発毛に悪影響を及ぼすもの。
※このDHT(ジヒドロテストステロン)の影響による男性型脱毛症が一番多いといわれています。

そして、頭皮が硬くなって血流が悪くなり、髪の毛が成長しないことによる薄毛。
食生活や生活環境の乱れにより、皮脂汚れが毛根を塞いでしまうことによる育毛不良など、いくつかのハゲや薄毛の原因があります。

自分の頭皮の状態を知ることで、最良の薄毛対策ができるので、ハゲは治る可能性が高いともいえるのです。

遺伝子はヒトゲノムと呼ばれるDNAで、あなたの個人的な遺伝子の傾向をみれば、どんな傾向の薄毛かが判明しますので、最良の薄毛対策を講じることが出来、ハゲも治る可能性が高まります。

ハゲは治らないのか?、そう聞かれれば答えははっきりNOでしょう。

 

 

ハゲが治るように頭皮の血流を良くする

 

育毛剤を使うのもいいですが、頭皮が硬くなってしまっているとか、髪に十分な栄養が粋と説かない状態であれば、頭皮の糖化を解消し、髪の毛に栄養が行き届くように血流を改善する必要があります。

自分の頭を触ってみて硬いとか、つっぱた様な感じがするのであれば、毎日のシャンプー時にマッサージを取り入れるようにしてください。
シャンプーは2回に分けて、1回目は皮脂汚れを落とすために指の腹の部分で優しく撫でるように洗髪するようにします。

前頭部からくる薄毛のかたは、2回目のシャンプーで額の端っこあたりから真ん中に向けて、滑らせないように皮膚を固定させながらマッサージします。
頭頂部の薄毛でテッペンハゲが気になる方は、耳の少し上のあたりから、同じように皮膚を固定して頭頂部にシワを作るイメージでマッサージします。

これを毎日欠かさず行うことで、硬くなった頭皮を柔らかくし、血が通いやすくなります。
食生活や生活習慣に乱れがある人は、上記と合わせて頭皮クレンジングを行うようにしましょう。

このような薄毛対策を行い、良い育毛剤をプラスすると、今まで育毛剤を使っていた時よりもハゲが治る確率が上がります。

 

 

ハゲが治るかもしれないAGA治療のリスクと遺伝子検査育毛剤

 

AGAとは要するに男性の薄毛の事を指しているのですが、最近はAGA治療を行うAGAクリニックが全国各地に存在します。

4分の1程度の薄毛男性に効果を見せるAGA治療の知名度はここ数年うなぎ上りですね
ただ、知っておいて欲しいのは、AGA治療で使用するプロペシアミノキシジルには、人により男性機能不全でEDになることがあります。

しかも服用を止めてもEDが治らないといったケースもあるようなので、注意と覚悟が必要です。

特に医師の処方なしで購入できる、輸入の安い類似役は止めたほうがいいでしょう。
AGA治療を検討しているなら、しっかりとしたクリニック(医療機関)を受診するようにしてください。

 

あと、今若ハげや薄毛に苦労してる男性の間で、ジワジワとその効果が広がっている、遺伝子検査付きの育毛剤もあります。

自宅に送られてくる遺伝子検査キッド(口腔内の粘膜を綿棒で擦り取り、容器に入れて送り返すだけ)で個人の遺伝傾向を調べ、その人にベストな育毛剤をセミオーダーできるというものです。

その遺伝子検査は2万円ほどしますが、ヒトゲノムである遺伝子は一生変わることは無いので、そのデータは生涯利用できます。
ミスト・ジェル・ミストの形態と、個人の遺伝情報をもとに成分を配合する育毛剤なので、もしかしたらハゲが治る革命的育毛剤になるかもしれません。

 

 

関係ページ

⇒ カテゴリー:薄毛・育毛剤